2017年8月4日金曜日

Wavesのプラグインがキューベースで認識されない時の対処法

おはようございます。

命の欠片Pです。

先日、オンラインショップでWavesのプラグインを購入
しました。

製品の登録まではなんとか出来ました。

が、

製品をインストールしたのにキューベース側で認識されず。

色々と検証してみて解決したので、忘れた時の為に記録しておきます。



■使用環境 
    •Mac OS10.9.5 
    •DAW CUBASE 7.5


■検証結果


Wavesのプラグインにはver[バージョン]があります。

9.3とか9.91とか。

ファイルを右クリックして「情報をみる」を押すとバージョンを確認出来ます。


■検証1, ver9.3と9.91はどっちでも使える?


■回答    僕の環境だと使えませんでした。


◆Mac OS 10.9.5のキューベース7.5使用時だと、
 「ver9.3のプラグインは読み込み可能」でした。

◆「ver9.91のプラグインは読み込めません」でした。

なので、「ver9.3のプラグインを使う」ことになります。

まず、「Waves Complete V9r30 を使用してプラグインのインストールを」行います。

Waves Centralでプラグインのインストールはしません。


つまり、


「Waves Centralでプラグインのライセンスの管理を」行い、

「Waves Complete V9r30でプラグインのインストールを」行うイメージです。


■検証2.インストールしたファイルってどこに有るの?

これは、Waves Complete V9r30 を使用した場合、アプリケーションフォルダに勝手に出来てました。

どうやらデフォルトではアプリケーションの中のWavesをクリックするとフォルダ内に
Waveshellsというフォルダができるらしく、
「ve9.3だとWaveshells」
「ver9.91だとWaveShellsV9と表記」されて
その中にインストールしたプラグインが格納されるようになっているみたいです。

■具体的には

Finder>アプリケーション>Waves>WaveShells(ver9.3)>「このフォルダ内にあるファイルを全て」
Finder>アプリケーション>Waves>Plug Ins V9>「このフォルダ内に移す」


事を行った後、

キューベース側で、デバイス>プラグイン情報>VST2.xプラグインのパス>追加>アプリケーション>Waves>Plug Ins V9を選択。

プラグイン情報の更新を押せば、キューベースでWavesのプラグインが認識されました。

ちなみに、検証する時、色々とファイルを移動させたり
しましたが、しない方が良さそうです。


もし、この記事を参考にする方がいれば、

必ず、自己責任において参考にして下さい。

あくまで、僕が解決したケースの話になります。

ご了承下さいませ。


ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

では^^











2017年7月1日土曜日

ご依頼の流れ


楽曲の納品から、お支払いまでの手順


1.お客様が希望される連絡方法で
      打ち合わせを行います。

 ※メールやSKYPE等を使用します。


■その際に

 •楽曲のイメージ、詳細


 •納期


 •納品物のデータ形式

 [mp3やwav、映像に使うなら16bit48khz等]


をお伺いします。


2.「デモソングを作成、お渡し」します。
  ここで楽曲の方向性の確認と、修正点等
  あればお聞き致します。


3.リテイクがあれば、
 「お客様が納得されるまで、直し作業を」
  行います。


4.「楽曲を納品」します。


5.「楽曲の納品後、お支払い」を

  お願いします。


こちらの
「指定した口座まで銀行振込にて、お支払い」
頂く形となります^^



2017年5月28日日曜日

[法人の方へ]BGM制作のご依頼はこちら

法人の方へ

1.料金[BGM制作1曲当たり]


30秒以上の曲の場合

30秒毎に10000円から 




例 : 59秒の曲だと、30秒×2=20000円


30秒未満のジングルの場合

35000円から



依頼をお受けします。

   

※楽器数が多い場合は値段が変動する場合がございます。

 その際は、事前にお伝え致します。



※細かなリテイクの場合は、料金を頂きます。


※買い取りに関してはご相談下さい。




ご依頼は以下のメールアドレスから受けつけております。


pieceoflife.music@gmail.com 


何でもお気軽にご相談ください。



ここまで読んで下さってありがとうございました。




  
   





2017年5月10日水曜日

「君のいない世界」〜販売終了のお知らせ〜

こんばんは、命の欠片Pです。

今日は僕がリリースしていた「君がいない世界」という楽曲販売の終了をお知らせします。

以前から配信はしていたのですが、事情により一旦、販売を終了とさせて頂きます。

今後、CD販売時に収録する可能性はございます。

その時は、是非お聴き下さると嬉しいです。

急な話で申し訳ありませんが、ご了承下さいます様お願い申し上げます。









2017年5月7日日曜日

ア リトル アドベンチャー 〜リアレンジ版収録CD発売〜

こんにちは、「命の欠片P」です^^


「ア リトル アドベンチャー」という曲をリアレンジしてCDにして出すと書いて約7ヶ月。


ついに、CDが発売されました。



アルバム名は「Summer Record』です。



「暑い夏は爽やかな楽曲を聴いて乗り切ろう」をコンセプトにしました。



肝心なリアレンジ楽曲はというと、収録されている曲の7曲目にあります。



CDは「島村楽器エミフルMASAKI店」で販売中です。



松山にしか現状はございません。



もし近くにお住まいの方で、立ち寄った際はCDのサンプルが聴けます
ので良かったらご視聴頂ければ嬉しいです。

気に入って頂けたら、1000 円で8曲分収録したCDを購入する事も出来ます。


既に既存の曲も有りますが、音質面では一番良い状態で収録しています。



お店に立ち寄る事があれば、隙間時間でも良いのでご視聴頂くと喜びます。



ここまで観て下さった方、ありがとうございます。


では^^














2017年3月20日月曜日

映像と無音の関係とは???

こんばんは^^

「命の欠片P」です。

今日は「僕が考える、映像と無音の関係」をお話します。


いきなりですが、皆さん映画はお好きでしょうか???

映画。。。。。。

いいですよね❗️


「ライアーゲーム ザ ファイナル ステージ」という映画、皆さん観た事あります?


僕これ最近ていうか、今日みたんですけど、めっちゃ面白いんです。

TVドラマのライアーゲームは観てたんですが、映画って発売されてる???

と、気になって、iTunes Storeであったので即購入。


詳しくはネタバレになるので控えますが、頭脳戦が主なタイトル通りの
「嘘つきゲーム」です。

笑いあり、涙ありと、至る所にセンスを感じます。すごい、、、



さて、映画の中では、当然ながら音楽が使用されます。

しかし、常に、ではないのです❗️

怪しげな音楽、温かな音楽、シーンごとにそれらはリスナーの心情を揺さぶります。


とはいえ、音がある状態だけが音楽ではないと、僕は思います。

それは何か?

「無音」❗️

・・・・・・

「無音」❗️❗️❗️


これは、「緊張感を生み出す効果がある」と僕は思っています。


確かに、「音楽で緊張感を表現する事」は出来ます。


でも、「表現する事は出来ても、何も無いという状態を演出することは困難」です。


表現する代わりに、

音を出す代わりに、

音が無いという状態を作るとなると、

「あえて無音の場面を作らなくては」なりません。


では、その「あえて」という部分に注目すると、無音の使い方にも、大きな効果、映像との関係が見えてくるのでは無いか?


今回は、そういった記事です。


無音を映画の中で、あえて使うならどういう時なのか???


主に、2つのポイントに絞られるのでは、と考えます。


■1つ目、「緊張感を表現したい時」※メリハリをつける

■2つ目、「画面にリスナーを引きずり込みたい時」


これらがポイントだと僕は考えます。



■1つ目を日常に例えましょう

あなたは、飲み会や友達の紹介で初めて会った人と打ち解けるため、相手の方に挨拶と自己紹介をしました。

が、、、

その後、特にお互い話す事が無かったので、無言のまま時間だけが過ぎていく状態です。



ここで、クエスチョン❗️❗️❗️



その時の心情はどうでしょうか?

「ああ、気まずいなあ、、、何か話さなきゃ」とか

「早く家に帰りたい」

なんて、思いませんか?

こういう時って緊張するかと思います。


少なくとも、「気持ちいい〜〜〜❗️無言最高っっ❗️❗️❗️」とか、
思う事は無いかと思います。


これ、映画に置いても言えると思います。


日常に置ける無言、無音の怖さを知っている。


だから、映画の中で気まずい場面や、確信に迫る場面で無音が使われるのでは無いかと。


効果としてメリハリをつける事にもなりますし、リスナーの心情を煽ることも出来ます。



映画も、音楽に似ている様な気がします。


時間の流れの中で、どこを山場にもっていくのか?

逆を言えば、どこを下げたいのか?

そのメリハリの重要な一部分として機能するのが無音。

緊張感が全くない日常ってあんまりないですし。。。

多少のスリルは、ストーリーを盛り上げる要素となっているのです。


だからこそ、緊張感を与える無音はタイミングをしっかり見極めるのが重要だと考えます。


■2つ目、これも日常に例えますね。

あなたは、晩ご飯を食べている所だとします。

目の前にテレビが置いてあります。

テレビからは、映画の再放送が大音量で流れています。

メールが来たので、少しだけ確認するため携帯に目を落としました。

そこでいきなり「フッ」と音が消えました。

、、、、、、


どうでしょうか、びっくりしませんか?


僕なら、、、だれかテレビ消した???


って一瞬思ってテレビの方を観ます。


これは単純で


ずっとあるものと思い込んでいたものが、
突然なくなる(そう思い込む)ことにより一瞬意識がそちらに向いてしまう


という現象に似ています。


■例を上げるなら、


電車の中でずっと持っていたはずのスマートフォン。

駅に着き、降りてから鞄とポケットの中を探してみたけど

なかなか見つからない(汗)


「あれっ???」ない❗️❗️❗️何で???落とした!!??


と、

「一瞬他の事を忘れてなくなったスマホの事に意識が集中してしまう現象に似ている」

ように思います。


。。。。。。。


書いてみるとすごく長くなりました。


ここまで書いた事はあくまで、僕個人の考え、意見です。


もしかしたら、他の意見の方も多くいられるかと思います。


そのときは、こういう考えもあるのか?


と考えて頂ければ幸いです。


ここまで読んで下さった方、ありがとうございます^^


では❗️❗️❗️





























2016年11月13日日曜日

初めての方へ。

         始めに

       ~お読みください~


ブログ記事の利用においては自己責任でお願いします。

予告なく記載内容を変更する場合もございます。

あらかじめご了承ください。


では。

初めまして^^

僕のブログに来て頂いてありがとうございます。


このブログでは
「人生をかけて音楽に生きる」をテーマとして
情報を発信します。

自身の成功はもちろん、少しでも
音楽の道で困っている誰かの力になればと思い、
記事を書いています。


たまに、好きな事も書きます。


さて、自己紹介なのですが、、、

大阪の音楽専門学校を卒業。
以後、サウンドクリエイターとして就職。
現在、フリーランスのコンポーザーとして活動しています。


「命の欠片P」と申します。


宜しくお願いします^^



こちらではオリジナル楽曲のサンプルが聴けますので、是非聴いてみてください。


気に入って頂ければ


より楽曲制作依頼も受付中ですので、お気軽にご相談くださいね^^


ここまで読んで下さってありがとうございました。